So-net無料ブログ作成

The Empty Envelope (A to Z Mysteries) [児童書]

96冊目 3/20読了 語数:6612 累計:567260

The Empty Envelope (A to Z Mysteries)

The Empty Envelope (A to Z Mysteries)

  • 作者: Ron Roy
  • 出版社/メーカー: Random House Childrens Books
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: ペーパーバック


 Dinkのところに5通の手紙が届きましたが、内容は別人に向けてだし差出人にも全く心当たりがありません。宛名をよく見ると、どうやらDinkの住むConnecticutではなく、ColoradoのGreen Lawnに住む"D. Duncan."に充てた手紙のようです。Dinkは本当の持ち主に返してあげようと連絡を取りますが、Doris Duncanの言うことは何か変なのです。改めて5通の手紙をよく調べてみると謎が…。3人は手紙の謎を解けるのか。
 今回も3人は大活躍!ネタばれになるので詳しく書けませんが、最後の解決は大人顔負けです。Ruth Roseの演技が光ります!おすすめです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

The Deadly Dungeon (A to Z Mysteries) [児童書]

95冊目 3/11読了 語数:8245 累計:560648

The Deadly Dungeon (A to Z Mysteries)

The Deadly Dungeon (A to Z Mysteries)

  • 作者: Ron Roy
  • 出版社/メーカー: Random House Childrens Books
  • 発売日: 1998/02
  • メディア: ペーパーバック


 今回は、3人が作家Wallis Wallaceの家であるお城に招待されたときのお話です。お城には幽霊が出るといううわさがあるし、3人も不審な物音を聞いたり、怪しい明かりを見たり、何かありそうです。このお城には、きっと秘密の抜け穴や迷路があると思った3人は探検を始めます。
 今回は推理というより探検がメインです。これまでのように大人に聞き込みをしたりといったシーンは無く、海でロブスター漁を体験したり、いろんなところを探し回ったりといった感じ。結末は、私には予想外でした。超おすすめ。
 作家Wallis Wallaceは1巻の事件で出会うので、先にこちらを読んでしまうと、種明かしがわかってしまい楽しめなくなるので注意です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Sarah, Plain and Tall Saga [児童書]

94冊目 3/6読了 語数:8251 累計:552403


Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1)

Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1)

  • 作者: Patricia MacLachlan
  • 出版社/メーカー: Trophy Pr
  • 発売日: 1987/09
  • メディア: ペーパーバック



 Annaは、弟Calebと父親と暮らしていました。二人は度々今はいない母のことを父親に尋ねるのでした。
 ある日、父親が新聞に「二人の母親になってくれる花嫁募集」の広告をだすと、Maineで海の近くに住む女性Sarahが応募してきました。文通の後、Sarahは大草原にたつ家にやってきました。兄弟はSarahがずっと家にいて欲しいと願いますが、Sarahが海の故郷を恋しく思っているのも感じてしまいます。
 自然にかこまれた草原での暮らしが生き生きと描かれており、兄弟やSarahの心のうちが繊細に表現されています。子供向けの本ですが、大人にも十分読み応えがあります。超おすすめ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。